備えることは守る事・・・

現場ブログ

こんにちは、フェリックスハウスの村岡です。

今回は地震についてお話します、

 

阪神大震災を機に住宅を選ぶ際、地震への対策の優先順位は上がってきました、

最近の工務店では耐震について力を入れている会社が多いと思います、

どの住宅会社のホームページを見ても耐震の言葉はよく見かけます。

 

では「耐震」とはどんなものでしょう?

簡単に説明すると、躯体そのものの強度を強くし、地震の揺れに耐え、建物の倒壊を防ぐことです、でも、建物を固く丈夫にするだけで大丈夫でしょうか?

耐震は家を建てるにあたって重要な事です、家が倒れてしまっては元も子もありません。ですが実際耐震だけの家の中はどうでしょう?

 

壁面を強固にすることで、地面からの揺れはダイレクトに伝わります、家の中の揺れは激しく建物の上部ほど激しく揺れます、ですので室内の家具が飛んできたり、下敷きになったりして残念なことに家そのものが凶器になる可能性もあります。

 

次に「制震」ですが、

制震とは建物に建物に組み込んだ制震装置で地震のエネルギーを吸収して揺れを抑制することです。その為、家の中は制震装置を入れていない建物に比べ、揺れを吸収します。繰り返しの揺れに強い(建物の傷みが少ない)とされています。

 

当社は木造住宅用制振装置「HKS MER-System」を採用しております、

12

↑当社ショールームにて実物があります。

造住宅用制振装置「MER-SYSTEM」は、自動車等のショックアブソーバー技術を木造住宅用に応用したものです。
木造住宅に制振装置「MER-SYSTEM」を取り入れることによって、地震の初期の揺れから、繰り返し何度も起こる余震まで、建物に伝わる地震エネルギーを大幅に吸収し建物への負担を軽減します。

 

地震から家を守る事も大切ですが、自らの命を守れる住宅を当社は目指しております、これから新築を検討される場合は、何かしらの地震への備えをしておくことは大事ですね。

 

showroom フェリックスエステート FELIX LIFE SUPPORT 24 “豊中の歴史” “数珠つなぎ” FACEBOOK 税理士法人FOR YOU 社員大募集 sumica 100 A1・ID FELIX TOWN 豊中報道