最近よくある消費税のお話

現場ブログ

こんにちはフェリックスハウスの村岡です。

もう今年も残すところ半月ですね、皆さんは良いで1年でありましたか?

 

ところで来年2019年10月から消費税が10%に引き上げられる予定ですね。

最近増税の報道も多く、これから住宅を検討されている皆様にとって、

住宅購入のタイミングは切実な問題です。

 

ですので、最近お客様からのご質問が多い消費税についておはなしします。

 

〇消費税増税による住宅建築費等の影響

仮に2,000万円の建物を建てたとしましょう。

消費税8%の場合は2,000万円×0.08で160万円

消費税10%の場合は2,000万円×0.10で200万円

消費税が8%から10%に引き上げられると建物の差額が40万円、

ローンを組まれる場合は差額40万円に対してのローン金利も大きくなります。

その他、ローン手数料、保険料、家具・家電や引っ越し費用等も消費税がかかりますね。

 

〇建築のタイミング

2019年10月から消費税が増税されるといつまで8%でOKなのか?

というご質問が多いです。

意外と知られてないのですが、2019年3月31日までに建築請負契約を締結すると、

引き渡しが2019年10月の増税後でも消費税は8%でOKです。

 

消費税8%の例

建築請負契約 2019年3月31日以前

引渡し    2019年10月1日以降 であれば消費税は8%

建築請負契約 2019年4月1日以降

引渡し    2019年9月30日まで であれば消費税は8%

 

消費税10%の例

建築請負契約 2019年4月1日以降

引渡し    2019年10月1日以降 であれば消費税10%

 

住宅を新築する場合は検討されてから引渡しまでに半年~1年はかかりますので、

焦らずマイホームをお考えの方は早めのご相談お待ちしております。

 

 

 

 

showroom フェリックスエステート FELIX LIFE SUPPORT 24 “BLOG “数珠つなぎ” FACEBOOK 税理士法人FOR YOU 社員大募集 sumica 100 A1・ID FELIX TOWN 豊中報道